Because it's there.

“それ”はその都度
変化するらしい。

続・七転八倒趣味日記

19
2018  20:58:52

どういうミッション?

2018_0219_00.jpg
1月は出遅れただけに2月こそお山へと
意気込んでいましたが、週末は大人の事情により
すでに全滅気味でどうもタイミングが合いません。

必然的に平日に休みが舞い込むわけですが
取り立てて何かするわけでもないので
ダラダラと過ごすことが多い中
今回は無駄な遊びをして参りました。

まずは着弾。

2018_0219_01.jpg
Nikon KeyMission 170

今回は割と早めに入手しました。
いや、ある意味相棒サンタの贈り物を兼用しているので
遅いと言えば遅いのかも。

めんどいのでバッテリーは純正を1つ追加。
互換バッテリーは耐寒が弱かったりするので安全策を取りました。
そしてモニターの保護シールを買い忘れる失態はご愛敬。


2018_0219_02.jpg
開封のくだりやら各種外観チェックやらは
他に詳しいレビューが出てますので割愛。
とにかく強そうです。

選択したポイントは本体のみでタフ仕様なのと
モニターが付いている事とボタン操作メインな事。
ソニーにモニターがついていれば完璧だったのですが
それだと価格は後1万はあがりますかね。


2018_0219_03.jpg
愛機のGC-XA2と並んで。
サイズ感はたいして変わりません。
いずれもボディ単体で防塵防滴、耐低温を実現しているので
GoProとかに比べるとごっつい部類です。

GC-XA2はまだまだ使えますが、バッテリーの入手ができないのと
たまに収録中にデジタルノイズが入る時が出てきたので
ベンチに回ってもらおうかと。


2018_0219_04.jpg
休みの暇さ加減をたまには利用して早速試し撮りに繰り出すことに。
これまで同様キャプチャークリップに小型雲台を取り付けてマウント。
ただザックはタウンユースのやつなのでホールド感が甘く
結構揺らしてしまいます。

使い勝手は特に難しい事はないのですが
本体が縦型から横型になった操作感の違いは結構大きくて
水平がみづらかったり、雲台のネジが締めづらく感じたり
多少が慣れが必要そうです。

自撮り棒みたいなのにくっつけた方が撮影は楽そうですが
お山で片手をふさげるほど余裕がある訳ではないので
今回もこのシステムで行ってみようかと。


という事で試し撮り結果を。


方やグラグラマウント、方や本体手持ちで撮ったので
超絶いい加減な比較になりましたが
画質手振れ等々正常進化した感じです。
音だけはGC-XA2に比べてかなりレベルが小さく撮れます。
この辺は防滴仕様の影響でしょうかね。
まぁそこまで音は重要視していないので良いかと。

コイツにこれからのお山の記録を
お願いしようと思います。

 CAMERA

0 Comments

Leave a comment