Because it's there.

“それ”はその都度
変化するらしい。

続・七転八倒趣味日記

16
2017  17:23:23

これで完結はしませんが何か?

2017_0716_00.jpg
野球で言うところの『選球眼』というのは
もしかしたらもって生まれた素質なのかもしれません。
そして我が家にはまたボールローの球が投げ込まれたのかもしれません。

2017_0716_01.jpg
PENTAX K-S2

以前から気になってた一眼レフカメラを
ほとんど不意に入手してしましました。


2017_0716_02.jpg
セットとして入手したのは「DA 18-50mmF4-5.6 DC WR RE」。
薄型軽量な標準ズームです。
さらに簡易防滴まで付いてます。

登山の際にキャップがあると毎回煩わしいので
今回は初めてレンズプロテクターを導入してみました。

kenko MCプロテクター NEO 58mm



2017_0716_03.jpg
ペンタックスでは初の搭載らしいバリアングル液晶。
自撮りをする趣味はありませんが、
撮影の幅が広がるらしい。

当たり前なのでしょうがコンデジだろうがスマホだろうが
一眼だろうが液晶にはかならずフィルターを貼ります。


2017_0716_04.jpg
レンズ交換式カメラが3台ラインナップ。
この写真を撮ったG15も併せて
メーカーの被りがないのを鑑みると
どれだけ選球眼がないのかが伺い知れる。

しかし並べてみると一眼が大きいのかミラーレスが小さいのか
大きさの差は歴然です。
もちろん見た目分重いですしね。


何はともあれ撮り比べです。
d300s_01.jpg
Nikon D300s/AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
SS:1/30/F:4/ISO:1250

em10_01.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10 Mark II/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ
SS:1/40/F:3.9/ISO:1600

ks2_01.jpg
PENTAX K-S2/DA 18-50mmF4-5.6 DC WR RE
SS:1/20/F:5/ISO:1600

毎度のことながらブログユースでは
これといった差は出ません。
強いて言うなら測光がちょっと暗めに出る癖があるのかも。
まぁこういうのはレンズでだいぶ変わるでしょうから
普通のセンサーとエンジンを積んでるってことがわかれば十分。

続いて寄り。
d300s_02.jpg
Nikon D300s/AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
SS:1/30/F:4/ISO:1400

em10_02.jpg
OLYMPUS OM-D E-M10 Mark II/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ
SS:1/15/F:4.3/ISO:800

ks2_02.jpg
PENTAX K-S2/DA 18-50mmF4-5.6 DC WR RE
SS:1/25/F:5.6/ISO:1600

K-S2は調子に乗ってマニュアルフォーカスでやってみたら
ちょっと前ピンになってしまった。
ファインダーは十分見やすいはずなのですがもうひとつ掴めてません。
これってオートフォーカスのフォーカスポイントを
十字キーで触れたりしないのだろうか。
(追記:もちろん設定でできました)
しかしキットレンズとはいえさすがはAPS-Cサイズだけあって
ボケはマイクロフォーサーズより効きます。

それ以外は全く問題なさそうですが
やっぱり暗めに撮れるのかもね。
ペンタックスといえば特徴的な緑を出すことで
有名ですが、今回の状況下では3機種の中で
もっとも実物に近い色になりました。

こういうのはフィールドで撮ってナンボですので
そのうち連れ出して実地テストですな。
ローパスレスの恩恵はこの程度のテストでは感じ取れませんでした。
(等倍で見るとかそういう面倒なのもしてないので)


2017_0716_05.jpg
という事で撮る楽しみの選択肢が1つ増えました。
こうして実際撮り比べてみると、
撮る楽しさは圧倒的であるものの持ち出しは滅入るD300s、
圧倒的なコンパクトさでフットワークと画質のバランスが素晴らしいE-M10、
その2機種の真ん中ぐらいに位置するK-S2って感じです。

いずれもこれからの活躍の場はありそうなので
気まぐれでチョイスしながら楽しんで行きたいと思っています。

K-S2のレンズ候補としては
HD PENTAX-DA 20-40mmF2.8-4ED Limited DC WR
辺りを狙っていますがさてどうなりますやら。

あとはD300s用のマクロレンズと、名作G15の後継者探しですかね。。。
散財は続きそうです。

 CAMERA

0 Comments

Leave a comment