Because it's there.

“それ”はその都度
変化するらしい。

続・七転八倒趣味日記

10
2017  01:39:58

軽さなのか画質なのか

2017_0709_00.jpg
久しぶりのお山から一晩明けまして
筋肉痛というよりは夏の初め恒例のあせもが発症して
如何に気にしないで過ごすか悪戦苦闘しております。

それはそうと、そういえばお山のNEWギアを試したので
そのレポートをしておかないと。

2017_0709_01.jpg
テストしたのは最近我が家の仲間入りをした黒いヤツ。
OM-D E-M10 Mark IIです。

今回は『SIGMA 19mm F2.8 DN』1本で
キャプチャーカメラクリップの使い心地と共にテストを敢行。
付け心地は悪くなかったのですが、レンズが軽すぎるのか
なんとなくバランスが悪かった印象。
だからと言って問題があるレベルではないのですけどね。
『M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO』の方が
下げた時のバランスはいいのかもしれません。
(以下リサイズのみでJPG撮って出し)

2017_0709_02.jpg
2.8F開放でもあんまりボケませぬ。
設定はAUTOモードかPモードでカメラ任せです。


2017_0709_03.jpg
こちらも2.8F解放。
見た目に近いような自然なボケなんですが
ド素人の私にはちょっと物足りません。

それはそうと縦撮りするとアスペクトが全然違うのって
どういうことなんでしょうね?


2017_0709_04.jpg
こちらも解放。

ピントを奥側にしてますが
あんまりボケないので距離感を感じない。


2017_0709_05.jpg
そういえばフォーサーズを好まれる方は
風景撮影なんかで重宝しそうなパンフォーカスがお好きな方が多い気がする。
私はニワカなんで所謂『それっぽい』方がいいのです。


2017_0709_06.jpg

2017_0709_07.jpg
オリンパスは空の青が特徴的。
でも悪く言うと演出や味付けというよりはちょっと嘘くさい。
コレって結局後で好みにいじれって事なのでしょうかね。
単純に私の好みと違うって事なんでしょうけどね。


2017_0709_08.jpg
近くにピントを持っていくとそれなりにボケてくれる。
まぁ私の腕の問題なんでしょう。


2017_0709_09.jpg
結構な割合で飛び気味な感じ。
でも実際の光の量は見た目に近い気がするので
結構正確な測光なのかもしれません。


2017_0709_10.jpg
RGBをコントラスト高めにする設定なんですかね。
反対に中間色が沈みやすい感じがするので
グラデっぽい表現に乏しく、ベタベタした感じに見えてしまいます。
というより全体的にグレーがかって見えてしまう。


2017_0709_11.jpg

2017_0709_12.jpg
散々失礼な事を言ってますが
室内の物撮りの際の画は好きです。

ミラーレス機の弱点としてよくあげられる
バッテリーに関しては100枚ほどの撮影だったこともあってか
残量メモリは1つも減っていませんでした。



とまぁ結構ボロクソに書いてしまいましたが
私の好みとはちょっと違うようなので今後の運用をちょっと迷っています。
最大の利点である(一眼比での)コンパクトさに関しては
確かにその恩恵は感じるものの、
肝心の画がG15とそれほどの差を感じる事ができず
ただただちょっと大きく重くなっただけではないかと
若干の後悔すら芽生えてきています。
G15と比べてしまうと撮影のフットワークも悪くなってしまいますし。。。

とはいえ、私の腕の問題も当然あると思いますので
もう少し勉強してみようと思います。

 CAMERA

0 Comments

Leave a comment