Because it's there.

“それ”はその都度
変化するらしい。

続・七転八倒趣味日記

20
2017  21:00:15

チェストというよりウエストなのかもしれません。

2017_0319_00.jpg
チェストポーチ。
それは本来登山にはなくてもいいものであるにも関わらず
使っている者にとってはその使い勝手が結構重要な問題であったりする。

私がこれまで使用してきたものは
上の画像の左からTHE NORTH FACE フロントアクセサリーポケット小、
THE NORTH FACE フロントアクセサリーポケット大、
MOUNTAIN HARDWEAR アフターシックスポーチ と
ダメになった訳ではないのですがすでに3代に引き継がれている。

交代劇の要因はひとえに容量な訳ですが、
3代目に関して容量は全く問題ないものの
その大きさからか剛性が足らず、カメラを入れると
ずんぐりむっくりになって視界に入るのでちょっと気になってしまった。

そんな中どうも決定版ではないかと
卓上の結論が付いたものを入手できたのでご紹介をば。

2017_0319_01.jpg
PaaGo WORKS SWING L

パーゴワークスといえば
ニンジャターフを代表格として
ニッチな要望をガッチリとらえて着実にファンを増やしている
日本のアウトドアブランドである。

カメラキャリーもパスファインダーという
一部のマニアには超絶賛されるポーチをラインナップしているが
機能面は別にしてどうもデザインが嫌いで残念だなと思っていのだけれど
このスイングが出て俄然物欲を刺激されていたのであった。

よく見るのは鮮やかなミントブルーの若々しいカラーなんだけど
なかなかこのグレーが見当たらず半ばあきらめていたのですが
たまたま立ち寄ったお山ショップにて発見。
即購入の運びとなりました。


2017_0319_02.jpg
フロント側にはメインコンパートメントと
小物を入れるファスナー付きのポケットがある。
カメラはどうしても専用の区画に入れたいので
こういう形状はとてもありがたい。

そんでもって生地に若干撥水性を持たせたらしく
降り始めに耐えてくれて収納する時間をくれるみたい。
こればっかりは経年劣化するでしょうし過度な期待はしていません。


2017_0319_03.jpg
後ろ側にもポケットが二つ。
容量はアフターシックスポーチとそれほど変わりませんが
剛性感が若干高く、そして縦長の形状なので
それほどブクブクにならないのではないかと期待しています。


2017_0319_04.jpg
さすがにD300sは無理みたいですが
もしかするとカメラ自体がG15より大きくなる可能性があるので
これくらいあると安心します。


では次のお山でお会いましょう。

 OYAMA GOODS

0 Comments

Leave a comment