Because it's there.

“それ”はその都度
変化するらしい。

続・七転八倒趣味日記

23
2016  22:47:46

シンプル過ぎてもベストじゃない

2016_1023_00.jpg
大いに迷っていた冬用ザック戦線。
ようやく決めて参りました。

私が冬用のザックに求める条件は

■シンプルな構造
■ダイレクトアクセス
■40リットル程度の容量
■フロントにアイゼンを収納できる
■ピッケルを安定して固定できる

とこんなところ。
んで、何に決めたかと言いますと。


2016_1023_01.jpg
Millet PROLIGHTER 38+10

と、これまでリストアップすらしていないモノに決定。

以前からこのザックのかっこよさは気になっていたのですが
余りに構成がシンプル過ぎてちょっと使いずらいかなと思っていたのですが
いつものようにネットで物色をしていた際に
どうも38の方にはサイドジッパーがあるという事が判明し
置いてあるお店を探して背負ってみるとあら不思議と
ストレスフリーな背負い心地。
即購入の運びとなりました。

MIAGE 35も背負い心地には満足してますし
どうやら私の背中はミレー背のようです。
他のメーカーは残念ながら違和感を感じる事が多いし。。。


2016_1023_02.jpg
背面ビュー

アルパインザックだけあって
クッションは薄目ですが、
不思議と肩に荷重がかかりません。

私は背骨が出っ張ってるので背中がフラットなタイプだと
背骨が当たって違和感が出てしまい上の5つでは
マムートとコレ以外は残念ながら諦めました。

2016_1023_06.jpg
ブラックダイヤモンドやグレゴリーのように
ガバっとまでは行きませんがサイドジッパーもちゃんと付いてます。
むしろこのくらいで十分そう。


2016_1023_04.jpg
MAMMUT ADD-​ON POCKET

ガッチリアルパイン仕様で
ウエストベルトにはギアループぐらいしかないのですが
さすがに使いにくそうなのでポケットを増設。
メーカー違いなのとダサいのがちょっと残念ですが
お手頃だし装着しやすく容量もそれなりに確保できます。
ここには飴やらチビスニッカーズが入る予定。
たぶんG15だって入ります。


2016_1023_07.jpg
先輩ザックと新入り。

結局同じ容量とコンセプトなので
役割はダダ被りなのですが、
カッパが必要になるような登山では
2気室の方が使いやすいので
まだまだ先輩には活躍してもらうつもりです。

尚、プロライターにはレインカバーが付属していませんが
少しダボつくもののMIAGE 35用のものを流用できそうです。

という事で新しい仲間が増えました。
どうぞよろしく!



追伸:
2016_1023_08.jpg
berghaus ウィメンズ エルスドン ジャケット

私だけ買い物したのが気に入らなかったらしい相棒サマが
勢いだけでご購入された街用のジャケット。
こんなんでも簡易防水処理がしてあるらしく
少しの雨なら平気だそうです。
着心地は軽そうでほとんどハードシェルの音がしますが
見た目は普通のコートっぽくなかなかいいのではないかと思います。

こっちもどうぞよろしゅうに。

 OYAMA GOODS

0 Comments

Leave a comment