Because it's there.

“それ”はその都度
変化するらしい。

続・七転八倒趣味日記

19
2016  03:31:11

皆さんが登るといいかものお山 5選

2016_0919_00.jpg
2013年に登山という趣味をスタートさせて4年目の周期に入りました。
当初3年くらいを目途に当時目標としていた燕岳を踏破する予定でしたが
のんべんだらりといろいろなお山を訪れるうちに目的自体が拡散してしまい
登りたいお山は増えるばかりで、山頂以外に明確な目的地というものを
失ってしまっているような気もします。

これまでずーっと二人で登ってきたわけですが
本年度はありがたいことにお山の大先輩であるOさんとの共演、
相棒はお友達とのお山登りのスタートと何も成し遂げていない割には
我々のお山の裾野は少しづつ広がりつつあります。

相棒のお友達はなんとなくこの先もお山を続けられるそうで
バカ尾根やら川乗やら富士山を想定して結構きつめの
スケジュールで登ってきたこともあって
楽し気なお山をお望みなご様子。
という事で私のか細い経験からで恐縮ではありますが
私なりの旅のご提案をしてみようかと思います。


選考の理由として、
◆関東から比較的近郊(車で150キロ程度)
◆そんな早起きしなくても登れる
◆秋の紅葉渋滞を避ける
◆景観が楽しめる
◆気合をいれずとも普通に登れるお山

とこんなところで選定している。
では最初のエントリー。


2016_0919_05.jpg
竜ヶ岳 山梨県 標高1,485m

富士山の北西側にひっそりと鎮座する
かぶりつきで富士見を楽しめるお山。
登山口から比較的ななだらかな登山道を登り
2時間程度で頂上に着くらしい。
私は冬に登ってみたいお山なんだけど
先日登ったお山を眺めながらつらかった富士登山を
思い出すのには絶好の場所ではないかと思う。

参考サイト:ビストロきっちょむ様




2016_0919_03.jpg
大菩薩嶺 山梨県 標高2,057 m

続いてはお手軽2,000m峰の大菩薩嶺。
ほどよい強度とそれにしては素晴らしい稜線の景観が魅力。
我々が2013年に訪れたルートは下りがとにかく足に優しい道で
登りメインで挑んでもまったく問題ないと思います。

過去の記事:




2016_0919_04.jpg
伊予ヶ岳 千葉県 標高336.6m

こちらは千葉の名峰。
トータル3時間もかからず終了する割には
登りごたえ十分でアスレチックのような楽しさがあるお山。
夏だと灼熱地獄だと思いますがそろそろ登りやすい季節になるのではないかと。
運が良ければお富士が見えるらしい。

過去の記事:




2016_0919_01.jpg
日光白根山 栃木県及び群馬県 標高2,578m

こちらは我々が愛する奥日光の名峰。
紅葉の時期といえばいろは坂が渋滞で大変みたいだけど
スキー場へのアプローチは車で行くといろは坂は通りません。
登山客は少なくはないけど混み合うってほどはいないので
のんびりと北関東最高峰を楽しめるのではないかと思います。
少し遠回りになるけど五色沼の景観は記憶に残る体験になる事
請け合いです。

過去の記事:




2016_0919_02.jpg
社山 栃木県 標高1826.6m

最後も我等が奥日光から。
中禅寺湖の外輪山は意外といいお山が多い。
しかも人が割と少ないからなんか楽しい。
我々が訪れた日は残念ながらガスガスで
稜線から見えるという中禅寺湖の景観が楽しめませんでしたが、
それを抜きにしてもなんか幸せなお山でした。
竜ヶ岳と一緒でできれば男体山を登った後に
男体山を愛でながらのハイキングが理想ですが
男体山の道中は富士山に似てると思うので今は男体山に登るのは
おすすめしません。

過去の記事:




ということで私なりの超狭い了見でのリストアップ5山。
少しくらい選定のお助けにでもなればコレ幸いです。


次のお山を決める時は
他のお方のお山記事を見るに限ります。
以下私が参考にさせてもらっているサイト集。


■お山ブログ系:











■ギア情報系









■お山が決まったらとりあえずチェックしとけ系



 OYAMA

0 Comments

Leave a comment