Because it's there.

“それ”はその都度
変化するらしい。

続・七転八倒趣味日記

25
2016  03:58:57

今更ながらGC-XA2のレビュー

2016_0824_00.jpg
JVC ADIXXION GC-XA2

お試し程度で入手した割にはお山のお供として
山旅の記録の雰囲気を伝える大切なツールとして
はては雨天時の記録ツールのバックアッパーとして
意外なほどに活躍してくれている我が家のアクションカメラです。

あんまりレビューなんてすることはないのですが
なんとなくやりたくなったのでこのカメラのレビューを
某有名価格比較サイトのフォーマットを参考にやってみようかと思います。

まぁもう(妥当な価格での)入手は
たぶんできないんですけどね。


【デザイン】
何はなくともハウジング無しで防水・防塵・耐衝撃・耐低温を
この小型で実現したのは素晴らしい。
(更に40mまで潜水撮影が可能になるハウジングがあったりします)
液晶も小さいですが状況や大まかな画角くらいは確認できるので
登山で使用する場合はスマートフォンをいちいち出さずに済んでこれまたgood。

【画質】
フルハイビジョン撮影からyoutubeにアップする程度なら他の機種と大差はないと思います。
加えて広角側を少し犠牲にしてるのだと思うのですが、
アクションカムにありがちなレンズの歪みが少ないのもありがたい。
痩せ尾根なんかを撮るときに必要以上に切れ落ちて見えるからアレ嫌です。
画質面に関しては(4Kものは除いてですが)GoProくらいしかいいなーと思うのはないです。

【操作性】
wifiを使ってスマートフォンと連動して操作できたりもするのですが
お山でそんな事してる場合ではないので、シンプルなハードボタンがあるのは
非常に助かる。
操作系統も液晶が付いているので説明書無しでもそれ見れば十分理解できます。
慣れれば本体を見ずとも作動音で操作できます。

【機能性】
お山で記録用途で撮る分には必要十分。
ズームが付いてればと思う時もありますが、それは求めすぎですね。
内部でタイムコードを設定出来たらと思うのですが
今のところその機能を探せていません。
(編集ソフトのせいかもしれないけど)

【バッテリー】
通常の気温だと小まめに電源を落としつつクリップを割っての撮影で
トータル2時間弱は撮れると思います。
冬だと1時間ちょっとくらいでしょうかね。

【携帯性】
純正ではないけど汎用固定プレートとマウントを使用して
全く気にならないサイズ・重量感です。

【液晶】
撮ったものを細かく確認するというのは厳しいですが、
何が撮れてるかをなんとなく確認するくらいには使えます。

【音質】
それなりに撮れますが結構風の音を拾ってしまいます。
ただ、私の場合音声はそれほど必要でないので特に不満無し。

【総評】
現行の他機種と比べてもコストパフォーマンスは素晴らしいと思います。
これ以上を求めるのなら個人的にはGoProの4Kモデルくらいしか
触手が動きそうもないです。
(panasonic HX-A500は残念ながら歪みが許容できないレベル)
ただこの機種、現状は手に入らないみたいなので似たようなものを買うなら
「RICOH WG-M2」とかにするしかないのですかね。
静止画書き出しで使うとちょっと厳しいところもありますが
もう1年は使えそうな気がしています。



それはそれで満足はしているのですが、当然リサーチも密かにやっています。
以前ご紹介したuloは年末に発売できるかも!というくらいのところまで来たようです。
(たぶんなんだかんだで実際は来年3月くらいじゃないかと思いますが)


ペットの監視とかでお家の様子を見たい人はちょうどいいですね。
(ネットワークのセキュリティーがちょっと心配ですけど)
山では・・・センサー機能が無駄かもですね。
当然そのぶん値段はそこそこします。


登山用途では最近見つけたこれが良さそうな気がします。

Flex Cam PIC

これもuloと同じで出資系のサイトで資金を集めていてすでに目標額は
達したようなので製品化はほぼ間違いなしかなと。
防水等のアウトドア性能も含めてカタログスペック上は申し分なし。
後は画質ですかね。
大手家電メーカーが買い取ってくれるとかあればいいですけどね。。。

アクションカメラ業界は一時盛り上がりかけたのですが
結局GoPro独り勝ちで先細りしてる印象なので
そんなに期待できないかもしれませんね。
私も4Kムービーカメラが落ち着いたくらいで本格的に物色を
始めようかと思います。

あとは静止画の方のカメラだな。

 CAMERA

0 Comments

Leave a comment