Because it's there.

“それ”はその都度
変化するらしい。

続・七転八倒趣味日記

20
2016  01:27:51

その一歩は足元から

2016_0619_00.jpg
どうせならきちんと雨が降って欲しいUGOです。
水瓶が水瓶が・・・。

と毎度いきなりの展開ですが
8月に相棒サマがお友達と連れ立って
富士登山に行く事になったそうです。
富士登山に全く興味のない私は当然のようにパス。
相棒サマのお友達は私のお友達ではないですしね。笑

ツアー登山に3名+アルファで参加らしいのですが
相棒サマ以外のお二人はお山グッツは何もお持ちじゃないという事で
レンタルに頼りつつ、うちの余り物をやりくりしつつしているのですが
お一人はその後も登山を趣味として続けてみたいとの事で
靴くらいはちょっとしたものを物色してみようという事になったらしいのです。

という事で参考程度に勝手に
リストアップしてみる事に。
絞込みの条件としては、
■実際に履いてフィッティングすること
■予算は¥20,000程度
■ゴアテックス等の防水加工があること
■スニーカー以上の剛性があること
■2~3年はハイキングユースで使えること
くらいでしょうか。
それでは行ってみましょう。



2016_0619_01.jpg
Caravan C1_02S
重量:約590g
実売価格 ¥15,000前後
取り扱い店舗 L-Breath、ICI、等々

ザ・入門靴!といった感じのキャラバンの撒き餌登山靴。
たぶんコレを履いて登山を続行すると不満が出てきて
もう2ランクくらいあげた登山靴を入手してしまいそうな気がします。
とはいっても一応ゴアテックスライニングですし、
ソールはオリジナルのものみたいですが
これで北アルプスや残雪のお山に入る方もいるようですので
基本的には問題ないと思います。(コバはありません)
高いものはイヤで迷ったのならコレで十分かと。



2016_0619_02.jpg
MIZUNO ウエーブアドベンチャー MD2
重量:約510g
実売価格 ¥15,000前後
取り扱い店舗 L-Breath・さかいや辺りにありそう

地元のお山を何度も登る!って方が良く履いてるイメージがある
ミズノの登山靴。
ウエーブナビゲーションってのがよく見るヤツですが
もうワンランク落としたのがこれみたいです。
上位製品との違いはソールがビブラムじゃないのと
たぶん全体的な耐久性の違いかと思われます。
もちろんゴアテックス防水処理済み。
まぁゴアとは言ってもどっちみちライニングなのでどんな高いのでも
そのうち無効化しますけどね。
若干地味なのでこれが許せれば日本が世界に誇るミズノの製品
悪いものじゃない気がします。



2016_0619_03.jpg
Salomon X ULTRA MID 2 GTX
重量:約460g
実売価格 ¥17,000前後
取り扱い店舗 L-Breath、さかいや、ヒマラヤスポーツ、等々

サロモンからは軽量シューズを推薦。
どちらかというとトレイルランを視野に入れたシューズのようですが
ソールの剛性次第ですが日帰り程度だったら問題なさそうな気がします。
相棒が愛用しているCONQUEST GTXは私が欲しかったくらいなのですが
比較的ライトな見た目に反して壊れることなく相棒の足元をガッチリ守ってくれています。
CONQUESTがすばらしいと思うのはソールのパターン。
ビブラムでもないのですが、どうもウエットグリップが良さそうな気がします。
しかし当時はCONQUESTで¥15,000くらいで入手できました記憶がありますが
登山用としてはワンランクダウンのこのクラスでちょっと上の値段て、高くなったもんだ。



2016_0619_04.jpg
SIRIO P.F.46
重量:約600g
実売価格 ¥21,000前後
取り扱い店舗 さかいや、ICI、等々

上のものよりクラス的には1つ上がって
大台は越えてしまいますが、どうやら登山靴入門では
一二を争う人気らしいこのシューズ。
シリオの靴を履いた事はないですが作りは悪くなさそうです。
シリオというと日本のメーカーにも関わらず靴の製作はイタリアで行っている
というので有名ですが、コレは廉価版なのか残念ながら中国製です。
とはいえ日本の基準で作られてるはずでだからといって悪いという事でもないと
思いますけどね。
このクラスだと雪のシーズンを除く北アルプスでも問題なさそうですが
なんとなくこのメーカーの靴は割と壊れ易そうな気するのはただの偏見なのでしょうか。



2016_0619_05.jpg
SCARPA ミトスMF GTX
重量:約540g
実売価格 ¥25,000前後
取り扱い店舗 どこにでもあります

最後は私的には本命のコチラ。
天下のスカルパ様です。
入門用としてはおそらく人気No.1なのではないかと思われます。
履いた事はありませんがまぁ優等生でしょうね。
デザインも角がなく素敵だと思います。
私は角が好きなのであまり惹かれませんけど。笑
予算とフィーリングが許せば、後々の事を思うとコレになると
後悔は少ないかなーと思う一足です。
まぁ登山靴なんてしばらくすると伸びるからそこで足に合うか
というのが一番大切なんでしょうけどそれはお店ではわかりませんしね。
靴下とかインソールとかで調整できる範囲のずれを願うばかりです。

という事で
お友達のエスコートをビシッとね、相棒。
どうか良い出会いになりますように。

 OYAMA GOODS

0 Comments

Leave a comment