Because it's there.

“それ”はその都度
変化するらしい。

続・七転八倒趣味日記

17
2016  00:08:45

G=ごっつい P=パンダの S=背中

2016_0616_00.jpg
巷では芋づる式に過去の悪行が露呈して
窮地に追いやられる人や企業さんがニュースをにぎわしています。
東京都民だし、三菱ユーザーだし割と影響を受け易い立場にある私ですが。

人のふり見てなんとやら、私自身立派な大人として
後ろ指さされるような生き方をしない事から心がけていこうと思います。

今のところ後ろから笑われるような人生ですが
なんとかがんばります。




で、全然関係のない話なのですが
今回はスマートフォンアプリのエントリーです。

2016_0616_05.jpg
TORQUE G02

先日機種変更したばかりの自前の通信機器。
入手前は大きい大きいと思っていましたが
仕事用で使用しているiPhone 6と大差ないことが判明し
早くも馴染んできています。

スペックやらレスポンスやらはあんまり気にしていないのですが
噂通りのカメラスペックで前機種のAQUOS PHONEの写りが良かったのもあって
早々にカメラは使わないと心に決めました。
肝心の耐久性は半年以上経ってからでしょうね。


とまぁ思い切り山活動側に振ったチョイスなのですが
せっかくタフネス携帯を入手したので
お山で活かすべく山で使えそうなアプリを入れてみることに。

2016_0616_06.jpg
元々コンパスやら高度計やらがプリインストールされているこの機種ですが
せっかくGPSが搭載されているので地図アプリが欲しいところ。


今私がお山で使っているアプリはコレ。
2016_0616_01.jpg
YamaNavi

iPhone用でスマートフォン用GPSマップアプリ、
DIY GPSを使用してそのの有用性に味をしめてから
Android用では前機種からこのアプリを利用しています。
難しい事はわかりませんが、GPSの補足は通話エリアに関係なく行われるそうで
実際遊び半分に見てみた程度でしか使用したことはありませんが
精度も思いのほか高いです。

地図はキャッシュという表示したものを記憶する機能を利用して
例え圏外にいる場合でもその記憶で地図を表示させる方法と
カシミール3D等で作製した緯度経度情報を持ったマップデータをあらかじめ
インストールして表示する方法がありますが、
家を出る時点で携帯の電源を切るタイプの私はキャッシュするのが面倒に思えて
事前インストール表示で使用しています。
それはそれで面倒なのですが、私はこっちの面倒の方が
性に合っているようです。

とはいえ事前インストールにも弱点があって
分割された画像を合体表示しているためか
操作時に画像がカクつきちょっとしたストレスを感じてしまいます。
ですのでいずれキャッシュでの使用もしてみようかと
いろいろと調べていた時に良さそうなアプリを発見。


2016_0616_04.jpg
ジオグラフィカ

こちらもYamaNaviと同じGPSマップアプリ。
インターフェイスがDIY GPSっぽくてよさそうだなと
見ていたらどうも開発した方が同じ方のようです。

YamaNaviの弱点として、googleマップのように進行方向と地図の向きを
合わせる機能がないようでちょっと気になっていたのですが
DIY GPSはその機能がついていたのでこちらも同じ機能がついている可能性が高い。

という事でとりあえずインストールしてみました。
しかもDIY GPSは有料アプリだったのですがこちらは無料!
(アプリ内課金あり)
今度のお山にはYamaNaviのカシミールMAPとこのジオグラフィカのキャッシュマップを用意して
使い勝手を比べてみようかと思います。
このスマートフォンのGPSの精度もある程度知りたいですしね。
(ちなみに相棒機のG01はなかなか高精度っぽいです)

いずれにしても登山には紙の地図と
コンパスの携帯は必須です。

アプリやらハードやらのチョイスは最終的には自己判断で。
人のせいにしちゃダメ。
私はあくまでも予備として使うことを前提にして
とりあえずテスト運用しています。

ま、地図もまともに読めませんけどね。
そのためにもテクノロジーの予備は必要なのです。



とまぁ一番お世話になりそうなMapアプリは
この2つをしばらく試してみるつもりですが
せっかくスマートフォンをお山で活用するので
GPS専用機にはない、ならではのアプリも入れてみました。


2016_0616_02.jpg
救命・応急手当の基礎知識forポケットメディカ

応急処置の便利帳です。
これが何かの役に立つとも思えませんし
役に立つような局面に立たない事が良い事ですが
これがあったおかげで助かる命のパーセンテージが
コンマ数%上がる事も有りうるので備えあればって事で。


2016_0616_03.jpg
AR 山 1000

山座同定で利用できそうなGPSアプリ。
地図で山座同定を練習してみるも答え合わせができない事が多いので
そういうときのために。
たぶん使わない気がするけど・・・。


本来はGPSでログを取ったり、山行中にオンライン報告ができたりと
いろいろと面白そうなアプリもあるのですが
今のところそういうことに興味がないため
とりあえず今回はこの辺にしておきます。

 OYAMA GOODS

0 Comments

Leave a comment