Because it's there.

“それ”はその都度
変化するらしい。

続・七転八倒趣味日記

15
2016  01:21:10

私らが登るべきお山 5選

2016_0614_00.jpg
関東も梅雨入りしたというものの
意外に雨が降りません。
雨自体嫌いではないのでしとしとと降る
長雨を体験したいと願ってしまうのは
私だけではないと思うのですが。

我々は梅雨の時期は基本的に山登りはお休みしているのですが
こうも天気が持つと週末にはかない希望を持ってしまいます。


とはいえ、肩をやってしまった相棒はしばらくお山登りも禁止らしく
手持ち無沙汰になってしまうので、せっかくの暇を利用して
今後訪れてみたいお山のメモを綴ってみようかと思います。


■天上山(てんじょうさん)
東京都神津島村 標高571.5m
2016_0614_01.jpg
(画像はwikipediaより拝借)

伊豆諸島の中ほどにある神津島にどんとそびえる活火山。
もう神奈川県でいいじゃないかとも思える位置にありますが
東京都さんは譲らないようです。
島には竹芝桟橋から出ているフェリーで
3時間~13時間と船のグレードによって結構なふり幅があります。

相棒さんは乗り物酔いがひどいので船での移動は極力遠慮したいのですが
それを差し引いてでも訪れてみたい土地です。
低山には違いないのですが山の上には砂漠や湖があるらしく、
不思議な景色が広がるとの事。
神の名が付く島に、天の文字を掲げるお山
うーん魅力的。



■太郎山(たろうさん)
栃木県日光市 標高2,368m
2016_0614_02.jpg
(画像はwikipediaより拝借)

我らが奥日光の白根山の対面にひっそりそびえるお山。
その名前からどっちかというとタロさんと呼びたくなるような
なんとなく愛着のあるお山である。
以前から目を付けているものの、奥日光では到着するとなぜか
のんびりしてしまう習慣がついてしまい
なかなか機会がないので困っている。

山頂からの風景で見える男体山はおそらく我々が見たことのない角度なので
男体山マニアの相棒涎垂のポイントになると思われる。



■仙ノ倉山(せんのくらやま)
群馬県利根郡みなかみ町及び新潟県南魚沼郡湯沢町 標高2,026m
2016_0614_03.jpg
(画像はwikipediaより拝借)

主峰を訪れた谷川岳の西側にある美しい稜線を持つお山。
肩の小屋から見た稜線はこのお山に続いており、
行きたいルートは稜線を通る西側から登るルートを狙っています。

すごく遠いところにあるイメージがありましたが、
東京から200キロくらいのところにあるので
なんとかなりそうです。
冬に見たあの景色を夏に反対から見るチャンス。



■笠取山(かさとりやま)
埼玉県秩父市及び山梨県甲州市 標高1,953m
2016_0614_04.jpg
(画像はwikipediaより拝借)

これは先日訪れた乾徳山の東側にあるお山。
比較的マイナーなお山ですが山頂付近の景観が不思議で
以前より訪れてみたいと思っているお山です。

東京の水道水の始まりの地点がここにあり
さらに3つの河川の始まりの分水嶺ポイントらしい。



■雨飾山(あまかざりやま)
長野県北安曇郡小谷村及び新潟県糸魚川市 標高1,963.2m
2016_0614_05.jpg
(画像はwikipediaより拝借)

最後はこの中では最も遠方にあるお山。
名前にも惹かれ、双耳峰に惹かれ、頂上からの360度展望に惹かれ
盛りだくさんのお山である。

小谷温泉からのルートだと往復8キロもない短めのルートですが
東京からの距離はなんと300キロ!
いけないこともないですがさすがに前日入りでお願いしたいです。



とりあえず今回のリストアップはこんなところです。
他にもそろそろ北アルプスにもトライしてみたいですし
最近行ってない八ヶ岳にも再訪したい。
そんで南アルプスも見てみたいし、東北のお山も登りたいのがあります。
ってなことでこの遊びはまぁまだまだ飽きそうにもありません。
ラジコン方面のお知り合いからありがたい事に
未だにお声がけをいただいていますが
体が動くうちはもうしばらくこちらにハマってそうです。
(そのうち観戦&ご挨拶くらいは行きたいですけどついでにどなたか私のラジコン道具引き取ってくれません?笑)

むしろこちらの遊びについて来たい方いませんか?笑
挑戦者(というか戦友)求む。

 OYAMA考

0 Comments

Leave a comment