Because it's there.

“それ”はその都度
変化するらしい。

続・七転八倒趣味日記

08
2016  21:21:01

10万ルクスへの抵抗

2016_0508_00.jpg
風は昼を過ぎてごうごうと泣き出した。
尾根に出てからといふもの
皆目検討も付かず歩き続けてみても
目印の小屋が出てこない。
通り過ぎたかと思って振り返ってみるが
そこには白と蒼の2色がはっきりとした境目を持って
まんじりと固定されているだけであった。


なんですかねコレ。
昭和文学のノリで文字をつづってみたものの
なんにもなりませんでした。
モノを書く人は、絵を描く人と同様に
物事の輪郭と中身をどう表現できるか
というところに入り口があるのかもしれません。

才能の無い私のような人間は
創造することではなく、消費の方に役割を与えられます。
んで義務を1つこなしてきたというお話。

2016_0508_01.jpg
FILA SF8860J

私がお山用にはじめて購入したスポーツ系のサングラス。
近所のスポーツ店で適当にお安いものをチョイスしたのですが
UVカット系は問題ないと思いますが、視界の歪みがひどく
お山でほとんど使用したことがありません。


2016_0508_03.jpg
Smith Optics BAZOO BLACK VIOLET

そんな経験からまともなサングラスを買おうと思って
きちんとショップで試着して決めたのがコチラ。
フレームが大きめなので若干視界に入るのが気になるものの、
機能的には問題なく、且つレンズが簡単に交換できるすぐれもので
非常に気に入っています。
お山はしばらくはこれでいいかと。


我々のパーティーは登山口までのアプローチに
車を使うわけですが、ドライブ中のサングラスというのも
結構必要になってきます。
登山の時はバズーをそのまま使用すればいいのですが、
ちょこっといいものを知ってしまったこともあり
普段の運転時のサングラスにもいろいろ注文をつけたくなるお年頃に。


2016_0508_02.jpg
ノーブランド品

どこかの洋服屋さんでデザインだけで購入したサングラス。
確か5千円しなかった気がします。
当然、フィット感、レンズの歪み、UVカット性能、ギラツキ防止などどれも
中途半端で、「無いよりマシだけどあんまり付けたくない」と
ほとんど活躍の場はありません。


んで、いろいろ悩んでいたのですが、
定番のものならなんとかなるだろうと
楽天で適当に購入したのがコチラ。

2016_0508_04.jpg
Ray-Ban RB2148

天下のレイバン様の登場。
可視光線透過率30%との事で期待していましたが
その前にフィッティングが最悪。。。
私の顔がでかいのか、外国の方の顔が細いのか。

フィッティングが良くないというのもあるでしょうが
レンズの性能も期待してたほどは・・・。
正直上のノーブランド品よりもギラツキ軽減の能力は低いです。
単純に透過率が高いだけなんでしょうけど。

という事で期待のレイバンは2日ほど車に乗せていただけで
名誉の退場処分となりました。
いつか日の目を見る日が来るのだろうか。。。
いや、誰かにあげよう。


んでもうしょうがないので
追加で間違いのないものを。
2016_0508_05.jpg
SWANS Airless-Beans SABE-0051

相棒が登山用に使っている超軽量サングラスです。
今回は偏光レンズタイプをチョイス。
歳なのかギラツキやらLEDやらに弱くなりまして。

2016_0508_06.jpg
ジャパンフィットというより日本の会社のプロダクトなので
付け心地やらレンズの歪みやらはもちろん問題なしです。
ノーズクリップは微調整が可能で私の次第に肥大してゆく顔でも
末永く使える事と思います。

実使用はまだですが、登山で使えるものが街で使えない気はしないので
ガンガン使い込んで行きます。
きちんとしたサングラスとしてはそれ程高額な部類ではないので
デザインが許せるのであれば皆様にもお勧めです。


2016_0508_07.jpg
正解率2/5って一体・・・。
(※私に合わなかったってだけでこれらの製品がダメって事ではありません)

相棒が天下のオークリー様を試着したところ
天下無敵の装着感だったそうですが
所謂これはレンズ沼のような気がするので
これ以上入り込むのはしばらく控えます。

 OYAMA GOODS

0 Comments

Leave a comment