Because it's there.

“それ”はその都度
変化するらしい。

続・七転八倒趣味日記

04
2015  00:27:52

私の足先は鷹の爪

150804_00.jpg
ウチの相棒が新しいクライミングシューズを入手してから
私自身は「まだこの靴でやれるところまでやりたい」と
淡い決意をいただいていたものの、
相棒曰くどうにも手ごたえがあるらしい
ダントゥのハイスペックシューズに興味深深でたまらなかったりする毎日。
それから山グッツ店に何度か訪れたものの、欲しい靴が揃っていなかったり
買う気がでなかったり、何かとタイミングを失っていて
少なくとも今月はいいかーと思っていたのですが・・・。

本日訪れたのはB-PUMP TOKYO 秋葉原店、
通称「秋パン」で親しまれる大型ボルダリングジム。
ここには関東最大ではというくらいにボルダリングギアが
陳列されていて、物欲指数が非常にあがってしまう。
なんせめったに見ないスポルティバのTシャツなんてある。
むむむ、欲しいぞ。

そんな物欲御殿にて適当に壁のぼりを済ませた後
冷やかしにとショップを覗いていた訳ですが
突然の啓示が。。。


150804_01.jpg
LA SPORTIVA SOLUTION

お店を出るときには何故か手に握られていました。
しかもこの日、
手持ちが3万円しかなかったにも関わらず
である。

しかも、調子に乗って車で行ってしまったのが運のつきだったか
駐車券を失くして2日分支払わざるえなくなる
なんてエクストラ出費もついてきたのである。
あぁ帰りは何も食べれなかったさ。

とまぁトータル出費3万円のこのソリューションと
第2のボルダリング人生を刻んでいこうと固く誓ったのである。


150804_02.jpg
サイズは42をチョイス。
普通はナチュラルサイズよりハーフダウンとかするみたいだけど
まさかのサイズアップ。
そういえばインスティンクトも42がちょうどよかったな。
(クライミングシューズのサイズはメーカーやプロダクトでバラバラらしいですが)
痛がりなんだろうか私は。

結果的にタランチュラと同じサイズだけど、当然のように痛いです。
ただ痛くて履いてられないというほどではなく
この辺がインスティンクトVSにしなかった理由だったり。
なんとなく納得の行く痛みです。

ソリューションというと、
「なんかこの程度の実力で履くなんて恥ずかしい」とか
「多過ぎて嫌だ」(私もこのタイプ)
なんて方が割かしいるのだが、足に合うんだからしょうがない。
この辺は山靴チョイスから入った私は割りとバッサリ切り捨てる。


ソールビュー
150804_03.jpg
ソールはビブラムXSグリップ2。
クセがあるみたいなので使いこなせるようになるまで大変らしい。


150804_04.jpg
往年の名選手、タランチュラとの2ショット。
前から見ると甲高に見える。


150804_05.jpg
お腹を合わせるとその差は一目瞭然。
イタリア人は土踏まず全体がえぐれてるんじゃないのか
っていう形状。


150804_06.jpg
ハイアングルとも2ショット。
ダウントゥの差というか、こんなにもサイズが違うのかという事に驚く。


ヒールはガッチリ強そうだし、
剛性もバッチリっぽいし、
少しずつ慣らしながら履きこなせればいいかなと。

 OYAMA GOODS

0 Comments

Leave a comment