Because it's there.

“それ”はその都度
変化するらしい。

続・七転八倒趣味日記

03
2014  01:48:13

頭に帽子、脇にはストック、背中にお水。

2014_1002_00.jpg
また台風が来ています。
昨今、台風の説明がなんだか雑に感じるのは
私だけでしょうか。

このところちょっとした出費が続いて財政は逼迫する一方ですが
このたび更なる困窮の一手を投じてしまいました。

2014_1002_01.jpg
Kenko 単眼鏡 7~21×21 ズーム

登頂した際に、遠くに見える山肌が気になることは多いもの。
目では見るに見えないため、デジカメをズーム一杯で撮影して
プレビューで見るという、デジタル時代の申し子のような行動を取っていましたが、
いよいよ専用のギアを入手する事になりました。


2014_1002_02.jpg
コンパクトなボディに21倍のズーム機能を搭載。
気分は平成のコロンブス!
ただ単眼鏡のためか双眼鏡比較で画像が荒い気がします。
レンズのスペック?

まぁ2千円ちょっとで手に入るウキウキ冒険心なので
ポケットに余裕がある人は是非。



そんな小さな物欲発散を尻目に
アイツがとうとうやりやがった。





2014_1002_03.jpg
OSPRAY エーリエル65

憧れのテント泊用ザックを見切り発車購入。
しかも


好日のポイント13%還元セールスタートまで
後2日という奇跡のタイミング。

買って帰ってきてポストをみたらその案内が入っていたミラクル。


とはいえ平日のお客さんが少ないところを狙って
長時間店員さんを独占して吟味しただけあってモノはとっても良さそう。
2014_1002_04.jpg
オスプレーとは「みさご」という猛禽類の鳥の事らしい。
「みさご」って響きはなんとなく海の幸って感じがして、
網焼きすると美味しそうなイメージが強い。



2014_1002_05.jpg
オスプレーといえばこの侍ストックホルダー。
山行中もスタイルが定まらず、頻繁にストックの出し入れがあるウチの相棒様には
鬼に金棒ならぬ、鬼の金棒差しとなる。


2014_1002_06.jpg
ヒップベルトには大型のポケットが付く(左右両方です)。
P310クラスだと余裕で入ります。
試しにG15を入れてもらいましたが、ギリギリですが入りました。

ヒップベルト自体も今年のバージョンで改良されたようで
厚みが増した模様。
ちょっと固すぎる印象もありますが、本人はグレゴリーより合うそうです。


2014_1002_07.jpg
コンプレッションのバリエーションもいろいろと考えられているようです。
私が知るザックというのは、質実剛健で無骨というイメージが強いですが
オスプレーのものはどのクラスのものでも柔軟なアイデアが満載で
なんかいろいろと工夫してるなーって思います。
もちろん細かすぎて反対に煩わしく感じる方もいるでしょうな。


ハイドレーションブロック
2014_1002_08.jpg
これが一番面白いなと思ったギミック。
通常ハイドレーションはザックの主室に収めてホースのみ外に出す場合が多いはずですが
これは背中とザックの間に搭載するスペースが設けられている。
ハイドレーションパックで3Lクラスまでは入るとの事。

背中の熱を利用して冬はほんわか人肌のお水が飲めそうです。
では夏は・・・?



とまぁ先を越されてしまったテント泊用ザック購入。
これからお山はあっという間に冬の装いになってしまうので
今年テント泊デビューをするなら私も早いほうがいいでしょうね。

もちろん13%還元セール期間に。
こっそり会員カードを差し替えられないように眠れぬ夜が続きそうです。

 OYAMA GOODS

0 Comments

Leave a comment