Because it's there.

“それ”はその都度
変化するらしい。

続・七転八倒趣味日記

04
2014  02:41:42

北欧からの刺客

2014_0803_00.jpg
「鈍足の魔術師」の名を欲しいままにする
ウチの相棒がいよいよ我慢ならなかったのか
「あったら楽しいけど別になくても良い」グッツを入手した模様。

2014_0803_01.jpg
PRIMUS 115フェムトストーブ SWEDEN

超軽量・小型のお一人様向けのストーブです。
私が所有している153ウルトラバーナーと同じメーカーなので
ガスカートリッジを共有できます。

基礎体力UPのための日々の研鑽をサボりまくった結果、
「ビバークしてもなんとかなる装備をまず持とう」
との結論に達したのか、いきなりのストーブ入手。

結果装備重量が重くなってしまうので
諸刃の剣になるのでは
とだいぶ心配しています。


何よりも彼女の購買意欲を誘ったのがそのセット内容。
2014_0803_02.jpg
特別バージョンのようで、プリムスの本国であるSWEDENカラーをあしらった
カラーリングの上にポーチまで付いてくる。
更にガスカートリッジホルダーも。
ポーチのジッパー部分に付いている花はデイジーだそうで、
スウェーデンで愛されている花らしい。
日本の桜みたいなもんなのかな。

カートリッジホルダーは便利なのですが、せっかくコンパクトなセットに
無駄に大きいものを持っていくのがイヤなので
入手したはいいものの私は結局使ってませんね。

っていうか
最近ストーブ自体持って行ってすらない事実。
一応緊急用にEsbitの固形燃料は携帯してるんですよ?

さて、このストーブを買ったはいいが
日の目を見ることがあるのやら。。。


2014_0803_03.jpg
私のP-153とツーショット。P-115Fが随分コンパクト。
P-153がステンレス製なのに対し、P-115Fはアルミのようだ。
重さは約半分。といっても50gくらいなんだけど。
同時に出力も、およそ2/3に押さえられるけど、まぁ1~2人用途では十分なんじゃないかと。


そうそう忘れちゃいけない関連品も入手済み。
2014_0803_04.jpg
DUG マグネシウムマッチ

ストーブ本体には点火するために火花を飛ばす機構があるのですが、
経験上(そんな大した経験はしてませんが)大して使えない事が多いので
持ってると安心という事でセット購入してもらいました。
コンパクトな上、スクレイバーと一体型で収納ができるので安心。
火花を飛ばすのに少しコツがいりますが、まぁ普通に使えます。
ポーチにも同時収納可能で素晴らしい。



とまぁ使うかどうかもわからないものを手に入れたにも関わらず、
「うん、いい週末だった」
ご満悦だったので良かったという事にしますかね。

頂ははるか遠いまま、一向に近づく気配を見せません。
我々の迷走はまだまだ続くようです。

 OYAMA GOODS

0 Comments

Leave a comment