Because it's there.

“それ”はその都度
変化するらしい。

続・七転八倒趣味日記

06
2014  23:06:09

ゴアじゃなくても平気かね?

2014_0106_00.jpg
んー年末から散財が止まりません。
さほど高価な物という訳でもないのですが塵も積もれば何とやら。

今年のテーマは「自粛」にしようか。


今回の散財は、お山グッツとは直接関係ありませんが
広い意味でつながりのあるフットギアを入手。

2014_0106_01.jpg
asics LYTERACER TS 2-WIDE

所謂ランニングシューズです。
どうにも改善される気がしない鈍足問題の解決策として
体力をつけることで底上げを試みてみようかと。
せっかく近所にランニングコースもあるし。

ご存知かとは思いますが、残念ながら私は格好から入るタイプ。
学生の頃から運動靴はアシックス(or ランバード)と心に決めている事もあり
素敵なデザインのアディダスやらナイキやらをチラ見しつつ
コチラに決めてきました。

本当は一番お安いヤツでと思っていたのですが
あいにく私の無駄にデカイ足に合うサイズのものがどれもこれも欠品で
少しだけランクを上げたものになってしまいました。


アシックスらしい無骨なデザイン。
2014_0106_02.jpg
ランニングシューズにはどうやら
クッション重視型(低速・長時間ジョグ向き)とスピード重視型(高速・短時間ランニング向き)
とがあるようで、こちらはどちらかといえばスピードタイプのようです。

店員さん曰く、
「高校生の運動部がアップの時に履くようなカテゴリーです」との事でしたが、
そんな事考えながら靴を選んでたのは陸上部だけじゃないか
と思った訳で。。。
いやはや選択肢の多い時代のようです。


ソールビュー
2014_0106_03.jpg
なぜここにグラデがいるのか。
芸が細かいように見えるけど
私としてはデザインを見失ってる気がする5秒前。
私のようなオールディーズはアシックスといえば『αゲル』なんだけど
これはどうもスタビライザーという機能がついてるようでゲルでもαでもないらしい。
やっぱゲルは重いのか。。。



そして当然相方様もご購入。
2014_0106_04.jpg
PUMA Faas500 V2

公式から売り文句を引用すると
「フォアフット走法に向くニュートラルクッショニングシューズとしてオススメ。」
との事。


なんですかこの言葉は。
フォアフット走法でがんばれ相方よ。


2014_0106_05.jpg
デザインはとてもシンプルです。
近所をお散歩で降ろしてみた相方様曰く、


つま先がスースーして寒い
との事。
コールドフットのようでした。
山やるとつま先の冷たさに敏感になる。



ソールビュー
2014_0106_06.jpg
一体なんの効果を狙ってるのかわからない構成です。
人体科学ってきっと私の知らない10余年で相当進化したのね。
子供用の靴で俊足とか言う足が早くなる靴があるそうですしね・・・。



ま、性能の違いなんて僕らには絶対わからないので
コイツらを履いてたまにランニングしようかと思います =3 ==3 ===3
(慣れない絵文字を使ってみました)

 OYAMA GOODS

0 Comments

Leave a comment