Because it's there.

“それ”はその都度
変化するらしい。

続・七転八倒趣味日記

21
2013  01:10:52

補助具過多

131020_01.jpg
山とは私にとって何か。

小説『孤高の人』の中でその主人公の加藤文太郎は
シンプルに「汗をかくため」と考えていた。
その考えは物語が進むにつれ(まだ後半を読んでいる途中ではあるが)
次第に様々な意味を持ち出す事になる。

私も同じように「ギアの性能を確かめるため」と
山登り自体に意味がかからないような理由を掲げてはいるものの
いずれは山自体に意識を向かわせ、自己哲学を構築していく日が来るのだろうか。


そんな事を考える週末
物欲を発散したって話。
だって雨だったんだもの。





131020_02.jpg
Black Diamond Trail Compact

いよいよ入手してしまいました。トレッキングポール。
ここのところ苦戦が続いているので取り急ぎの購入ですが
まずはコレを相方様に使ってもらってその効果の程を見てみようかと。


131020_03.jpg
アルミ製だし、フリックロックというパッチンして伸縮をロックする機構が素敵。
ただそのロックだけどプラスチック製(FRPかな?)っぽいのががちょっと不安ですが。
ま、テスト運用って事で~♪





その被験者の相方様ですが、
どうも腑に落ちないことがあって
我慢できずにちょっと晒してやろうかと思います。


131020_04.jpg
モンベル メッシュ クラッシャーハット

これが彼女が山登りを始めるにあたって初めて入手した帽子。
夏に始めた事もあって、大部分がメッシュ構造になっているハットで
性能的には問題ないようでしたが・・・・・

デザインが気に食わないとのたまい
自分で選んで買ったくせに買ったとたんに文句言ってた気がする。
引き続き物色をしながらも何度かのお山を経て、
少しずつ涼しくなったということで秋用に購入したのが

131020_05.jpg
Marmot Wool Heather Buch Hat

ウール地のハットを入手。
本人的には会心の品物だったらしいのですが
私的には「すごい地味だなー」と傍目に見ていた訳で
意気揚々とデビューさせた先日の白根山で使用した際、
性能に文句はでなかったものの

なんかカワイクない
などとまた謎の不満をのたまい出しまして・・・



数日後、やけにショップに行きたがるので付き合ったところ
131020_06.jpg
Foxfire ソフトシェルキャップ

もう好きなようにすればいい。
色合いもいいし、本人も気に入ってるみたいだし
これで決着かなーと思ってたんですが・・・・・




本日お買い物に出た際に
131020_07.jpg
Marmot Knit Watch

また買い増ししてました。
アホなんですこの人。


131020_08.jpg
Marmot GORE-TEX Linner Hat

しかももう1個買いやがった。
本人曰く、普段用と山用らしいです。


どうやら私が愛用しているMarmotのハットが
羨ましくてしょうがなかったらしく
最終的にゴアテックスライナーハットに目を付けたようなんですが
なかなか出物がなかったようで、つなぎでいろいろ購入していたようです。


しかも欲しい物を見つけるのはいつも私。
すなわち失敗(?)の責任も私なんです。
そんな事より大事なことは

ここまでかかった金額でGOREのアウター買えないか?
って事。


彼女にこそいち早く山哲学を構築していただきたい。


 OYAMA GOODS

0 Comments

Leave a comment