Because it's there.

“それ”はその都度
変化するらしい。

続・七転八倒趣味日記

06
2013  22:30:12

銀色とフカフカの誘惑

131006_01.jpg
アップは気持ちが悪いな。
とあるメジャーアイテムの拡大図なんですが、
こうなるともうウルトラマン的な匂いしかしません。

アウトドアといえば、いつかは憧れてしまうのがテント泊グッツ。
そんなもの全く興味の無い人生を歩んでいましたが
ひょんな事から山歩きに目覚め、あれよあれよとアイテムは増えてゆき
とうとう1つのゴールともいえるラインナップを入手する事に。


それはっていうと言わずもがなのテント泊グッツであり
テント泊に必要なモノといえば、
シュラフ・マット・テント
の三種の神器となる訳ですが、
「お金」っていう項目が一番大きい気がします。
まぁまぁその辺は大人の技で帳尻あわせする事にして
まずはマットのご紹介から。


131006_02.jpg
Therm-a-rest Z Lite Sol(small)

スリーピングマットといえば今の主流はエアマットタイプのようですが
どうも貧乏性らしく、頑丈でお安い銀マット系をチョイスしました。
お店で比べてみたんですが、エアマットはコンパクトですが重く
銀マット系はかさばるけど軽いって印象でした。
エア+ウレタンタイプでクッション性を高めたものもありますが
なんとなく絶対的な固形感の方が理解しやすく、
今回の購入となりました。
寝てみた感じだと『いい銀マット』って感じで素敵です。笑



131006_03.jpg
モンベル U.L.スパイラルダウンハガー#3

当初化繊のタイプを購入する予定でしたが、
先の白根山の際、10キロ近くの荷を背負っての登山でだいぶ堪えたため
少しでも軽い方がいい!!って事になりまして、
値は張りますがダウンタイプにする事に。
モンベルのシュラフは撥水加工がされているようで
少しの水ならなんとかはじいてくれるようです。
大事にしよう・・・。



131006_04.jpg
比べるものが化繊の同じナンバーの方がいいんだけど
とりあえず250缶と共に。
感覚としてはすっごい小さいんですが、まぁわかりませんよね。。。




131006_05.jpg
そんなこんなで仲間入りしたアイテムたち。
テントに関してもすでに注文しているので
届いたら別途ご紹介。


できたら使用の際に紹介できるといいなー♪
いきなり山でキャンプってのもちょっとおっかないので
予定通りオートキャンプで試してみるつもり。


 OYAMA GOODS

0 Comments

Leave a comment