Because it's there.

“それ”はその都度
変化するらしい。

続・七転八倒趣味日記

わたしに会うまでの1600キロ(2014年アメリカ)

以前ちょろっとだけご紹介した事があるのですがようやく観ました。日常のしがらみからの解放、自然の美しさ、それらに溶け込むことによって救われる御霊、、、みたいな壮大なストーリーかなと思ってたら、思いのほか淡々としたストーリーで好きな作品でした。途中途中に断片的にインサートされる「しがらみ」の部分。大したドラマがある訳でなく淡々と踏破されていく道のり。道中の心の動きを描写する言葉も少なく、あっけなく迎え...

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年 オーストラリア)

過去にメルギブソン主演で映画化されたイカレ車映画のリバイバル作品。続編でしたいろんなところで評価が高かったのでずっと観たかったのですがようやく入手しました。1度BGVっぽく流しながら観ましたがいまひとつ良さが理解できず。ちゃんと観てもよくわからない気がしますけど。笑意味のある映画ではなくて変な映画って気がするので。背景の説明とかちゃんとあったのでしょうかね。全くキャストを見てませんでしたが、シャーリー...

ジュピター(2015年アメリカ)

なんだか良くわかりませんが映画を観たい週間のようです。今回はマトリックスを撮ったウォシャウスキー姉弟の作品。彼(彼女)ららしく例の「培養される人類」をキーワードに「真実の世界」を描いた作品ですが、まぁ撮りたいシーン優先のおバカ映画というのが正しい心構えなんじゃないかと。ストーリーなんてどうでもいいんですよ奥様。映像としてはさすがのクオリティで楽しめますがほんと話はつまんないです。笑その他「NOAH 約...

アメリカン・スナイパー(2014年アメリカ)

実話を元に制作された、戦争と実生活におけるその爪痕を描いた作品。私にとってスナイパーモノといえばジュードロウ主演の「スターリングラード」ですが、アレとは違い戦闘シーンの緊張感たるやすさまじいものがあります。常にどこからか狙われているようなそんな気配がするのです。自ら直面した現実には絶対に及ばないと思いますがおそらく映画で描ける限界ではないかと。変な話ですが、コレを見たらランボーが戦争に疲れあんなに...

インターステラー(2014年アメリカ)

昨年話題になったSF映画です。気になってはいたもののようやく見ることができました。映像技術がすごい!とのことでしたがウチの32インチのテレビではあんまりわからず。ゼロ・グラビティの方が見た目が派手な分わかりやすく凄く見えました。そもそも自然に見えた事自体が凄い事なのかもしれませんが。事前情報は「宇宙に住むところを探しに行く」程度しか仕入れておらずなんとなくエイリアンチックな映画を想像していたのですが「...